FXで絶対にダメなのが借金

FXの投資をしている人の中には、消費者金融等で借金をして投資金額を増やしている人がいらっしゃいます。

投資金額を増えればそれだけ利益が多く得られる可能性が高まりますので、借金しても大丈夫だと判断しがちです。

確かに利益が十分得られるのなら良いと感じてしまうけれども、しかしFX投資で借金は絶対にダメだと理解してください。

なぜダメなのかというと、それは損することがあるからです。

確実に利益が得られるようになっているのなら借金してまで投資金額を増やしたとしても大丈夫です。

しかしFXで確実に利益が得られている人は非常に少ないです。

利益が確実に得られている人は非常に少ないからこそ言えるのが、損することも十分あるということです。

損すれば借金の返済ができなくなる可能性が多少なりと出てしまいます。

そうなると人生設計が大きく崩れる結果となりますので良いことではありません。

また借金すれば利息の支払をしなければいけません。

利息支払いをするということはその分利益が少なくなるということです。

多少なりと利益が得られたとしても利息により損することも十分考えられます。

ですので借金してFXするのは利点よりも欠点が多いのでやらないほうが良い方法です。

資金全てを投資するのもダメ

FX投資は投資する金額が多くなればなるほど利益が大きくなりますし、当然損もそれだけ大きくなってきてしまいます。
利益を多く得るためにも入金した金額の限界まで投資する人がいらっしゃいますが、その方法は良くありません。

できれば十分余裕を持たせて投資するのがFXの基本となります。

なぜギリギリまで投資してはいけないのかというと、それはロスカットされる可能性が高まるからです。

FXでは投資する際に証拠金が必要となってしまいます。

投資金額によって証拠金も変わっていくのですが、この証拠金よりも残高が少なくなった時点でロスカットされてしまいます。

ポジションを維持したいと考えていても強制ロスカットされてしまうことがあり、これは避けなければいけません。
避けるためにも必要としているのが余裕を持たすことです。

大きな利益を得ることも大事だけれども、損することを少なくすることも大事です。

ロスカットされて損確定されてしまうことのないようにしましょう。